2017年8月17日木曜日

2017.8/12 RCAY 中華民國空軍航空教育展示館

午後からは空軍の展示施設「航空教育展示館」へ。

 
救難飛行艇HU-16A Albatross UH-60を後継機に1987年に徐役となりました。
日本では試験用に4発に改造されたUF-XSがされたかかみがはら航空博物館(現在改装中)に保管されています。
S-2と同系列の迷彩が施されかなり格好いい機体です。

C-47(DC-3の軍用機版)。言わずと知れたベストセラー機です。
台湾では1994年まで使用されていたようです。
Boeing720は707の短胴型、小型機タイプとして開発された機体。
しかし727の開発によって少数のみの生産となりました。台湾ではVIP機として運用。1991年徐役。

日本の博物館同様吊られている機体もあります。
中国人民解放軍のMiG-17とMiG-21。台湾に人民解放軍機がいるのはとても不思議ですが、これらの機体は亡命機や押収機のようです。手前のMiG-17は桃園空港に亡命してきた機体だそうで、奥のMiG-21は基隆税関で押収した機体を空軍に送られたそうです。
 
台湾のF-86F Sabreは1977年に徐役しています。日本の機体よりかなり派手にペイントされていました。
派手派手な塗装が格好いいですね。。

 パズマニーPL-1Bは練習機として「介壽」の愛称で使用されていました。
1982年徐役。
 T-CH-1はAIDCが空軍向けに開発した国産攻撃練習機。見慣れないフォルムが素敵な機体です。
AT-3を後継機に1998年徐役。

U-3Aはセスナ310の軍用型。米陸空軍をはじめ各国で使用された機体です。
台湾では連絡機として使用されていました。1997年徐役。
 F-84Gサンダージェットはリパブリック社の戦闘機。後退翼をもつサンダーストリークはサンダーバーズでも使用された機種です。
台湾他各国で使用されましたが、台湾では数々の空戦で功績を残している機体でもあります。

陸軍で使用されていたUH-1H。日本ではつい最近まで使用された機体です。
台湾ではまだ現役のようで、その姿を一度見てみたいものです。

B-26 Marauder。空軍第34隊で使用された時の塗装に復元したそうです。
現存する機体はあまり多くなく貴重な機体です。

F-5Fのハイビジ機が展示されていました。
台湾ではまだ現役の機体ですが、用途廃止となった機体からこうして展示されているようです。

F-104G/D。Dは迷彩塗装で展示されています。
台湾では空自や西ドイツ空軍、デンマーク 空軍、ベルギー空軍で使用されていた中古機を導入していたそうです。1997年に全機徐役。

XA-3はAT-3の軽攻撃型の試作機。
AT-3から2機が、単座化、HUDの装備の他、ミサイル等の攻撃用ウェポンを搭載できるよう改造されたようです。

RF-101はF-101のRF仕様。カメラを付けるためF-101とはノーズの形状が異なります。
台湾独特の迷彩が素敵です。1973年に徐役。

練習機として使用されたPL-1。1981年徐役。
 
このMiG-19は金門空港に亡命した機体だそうです。

MiG-15。こちらも亡命機。
 
この派手な機体はIl-28 爆撃機。安価であることなどからソ連以外でも使用されました。
この機体は桃園基地に亡命したそうです。
 
P-40 Warhawk。日中戦争で活躍した機体です。

Boeing PT-17 Stearman Model 75を軍用転用した練習機モデル。1958年徐役。
エンジンは異なるものの、ブライトリング・ウィングウォーカーズが使用する機体と同型の機体です。
 
第二次世界大戦で有名なP-51 Mustangの後期型P-51D 。
台湾では共産党軍と交戦した歴史を持ちます。

S-2AはS-2の初期モデル。S-2Eとはエンジン後部、ソノブイ投下装置の形状が異なるほか、翼端の形状が異なります(画像では確認できません)。
初期はガルグレーにペイントされていましたがのちに台湾洋上迷彩へと変更されました。1994年徐役。岡山の機体はガルグレーに戻されましたが桃園に展示されていた機体は迷彩状態を保っているはずです。

今年何回も何回も台湾に通い仕留めることができたS-2T。ここには2206号機が展示されています。
独特の迷彩は左右異なるものとなっています。
 
唯一フライアブルで現存するS-2T 2220 (5/12 RCSQ)
 
様々な歴史的価値を有する機体が展示されている航空教育展示館。屋内展示は写真を撮影するのには不向きですが、機体は良い状態を保っており、またスペースが広く好印象の博物館でした。

2017年8月16日水曜日

2017.8/12 RCAY 空軍官校營區開放2017

初めて台湾の基地解放へ。
岡山基地は空軍軍官学校となっており、AT-3やT-34を運用する教育隊を併設しています。

まずは地上展示から。
AT-3を使用する台湾のアクロチーム。雷虎(Thunder Tigers)の1号機に施された記念塗装。
スペマの派手さ、綺麗さともにピカイチのスペマです。
虎にちなんだ青と水色の柄やシルバーの下地なども好印象でした。

花蓮基地の第401戦術戦闘航空団第5大隊第17作戦中隊に所属するF-16D
ベースの塗装は米軍と同様ですが、国籍マークなど細部後異なります。
尾翼には馬拉道太陽神が描かれているのが花蓮基地所属機の特徴です。

新竹基地の第499戦術戦闘航空団2大隊のミラージュ2000-5DI。
尾翼はすこし地味ですが499戦術戦闘航空団20周年記念のスペマとなっています。
 
台南基地の第443戦術戦闘航空団 第1大隊第1作戦中隊のF-CK-1D(IDF)
IDF25周年を記念して第443戦術戦闘航空団のマークである金鷲(GoldenEagle)が色つきとなっていました。
周年ロゴなども一切なく、このまま台中のIDFのようにハイビジ機として来年以降も残してもよさそうな完成度が高い塗装です。
 
つづいて同じくIDFですがプロトタイプの複座機。形式もアップデート前のF-CK-1Bとなります。
試験4号機にあたる機体で、所属もAIDC(台中清泉崗基地)となっています。
部隊マークがないのと五ケタのシリアルナンバーが特徴です。
 
台東基地 第737戦術戦闘航空団 第7大隊のF-5F。
第7大隊のマークである龍のマークの尾翼が特徴です。
F-5自体初めてなのでかなり新鮮なフォルムです。すらっと伸びた胴体が美しいです。
 
岡山の訓練隊が使用するT-34ターボメンター 。日本でいうT-7であり初等練習機として運用されています。
オレンジの胴体が何とも台湾チックでよいですね。。
 
松山基地指揮部憲兵第8中隊に所属するUC-29(Beech 1900C-1)
VIPカラーの機体が格好いいです。

屏東基地の439混合聯隊のうち唯一南基地をベースとする第10空運大隊。
運用もすべて南基地で行われるため台鉄屏東線六塊厝駅でエンジン音を聞いたり高屏渓鉄橋を通過中にアプローチを確認したり程度でしたが、ようやく撮影できました。
東南アジア迷彩に塗られたC-130。かなり格好いいです。



こちらお馴染み北基地ベースのE-2K。今回展示されたのは未撮影の2503でした。
 

P-3Cは34中隊の機体。残念ながら34中隊で唯一撮影済みの3311でした。

以下、なぜかエプロンには余裕があるにもかかわらず格納庫に並べられていました(怒
台南基地の第443戦術戦闘航空団 第1大隊第1作戦中隊のF-CK-1E(IDF)
スペマで単座の機体は外に地上展示されていないため、綺麗に撮影したかったですが…。

もう一機紹介します。
新竹基地の第499戦術戦闘航空団2大隊のミラージュ2000-5EI。
こちらも格納庫内。。。

飛行展示が行われる前に着陸してきた松山基地指揮部憲兵第8中隊に所属するFokker 50
日本では見られなくなった機種ですが、台湾ではVIP機として使用しています。
また民間機としても以前マンダリン航空もF100とともにF50を運航していた時期がありました。

フライトも始まります。
まずは航過飛行から。台中清泉崗基地所属の第427戦術戦闘航空団 第3大隊第7作戦中隊のF-CK-1(IDF)のフォーメーション。
台中に2機のみいるハイビジマーキングのロービジバージョンです。このバージョンもあまり多くはありません。

つづいて嘉義基地、第455戦術戦闘航空団 第4大隊第21作戦中隊F-16A/Bのフォーメーション。先頭はF-16Dのスペマですが、こちらは綺麗な写真を撮影できず…。

岡山所属のAT-3の航過飛行も行われました。

航過飛行が終わると雷虎(Thunder Tigers)の飛行展示。
岡山の教官チームで結成された台湾のアクロチームです。
カラースモークを焚いてAT-3が3機。

赤いカラースモークで3機。 
 
つづいてスモークの中を捻りながら1機が離陸。

日本でいうところのクリスマスツリー(違
カラースモークが派手な印象です。
雲が低く限られた演目のみの実施でしたが初めての雷虎の演目は素晴らしいです。

2機でコークスクリュー的な演目。

ロール。
最後はは全機で。

ブレイクはいい感じで背中を魅せてくれました。

着陸。ナイスショーでした。。

雷虎がしようするAT-3は特別仕様で、スモークノズルが装備されている他、尾翼のマーキングが若干異なるのも特徴です。

機体後部からスモークノズルが顔を出しています。
 
つづいてF-CK-1A(IDF)のデモフライト。
機体はデモパイロットが所属する台中清泉崗基地の第427戦術戦闘航空団 第3大隊第7作戦中隊の機体。この塗装の機体はもう一機いますがそちらは第28作戦中隊に所属しています。

目の前で背中を魅せてくれます。
左右非対称の独特の迷彩が素敵です。

腹も同じく左右非対称の独特の迷彩でした。

少々腹が多めでしたが良いフライトでした。


2機のみのハイビジ機は、台湾の旗のデザインを模したオシャレなデザイン。

今年登場した多くのスペマに見劣りしない良いデザインです。
 
続いてはMirage2000のデモ。
個人的には初めて見たヨーロピアンファイターのデモとなりました。
機体は新竹基地の第499戦術戦闘航空団2大隊のミラージュ2000-5EI。
 
デルタ翼の機動性とフォルム。とても新鮮です。
 
背中のフォルムも美しいです。。

お腹には第499戦術戦闘航空団の歴代使用した航空機のシルエットが描かれていました。

A/Bも格好いいです。。 
 
タキシング。F-4などのようなゴツゴツとした格好よさはありませんが、ヨーロピアンエアクラフトの美しいフォルムが素敵です。

なめらかな曲線は前から見ても美しいです。

良いフライトでした。。
 
続いては三沢のブラウン氏のデモでお馴染みのF-16。
 第455戦術戦闘航空団 第4大隊第21作戦中隊のF-16Aの機動。第455戦術戦闘航空団の空中戦勝利50周年を記念したスペマです。
主翼の上の青天白日旗がいいアクセント。

ハイスピードローパスをかましていきます。

F-16AなのでエンジンがF100なためF-15の音がしました。
三沢の機体と比べてアイリス版の形状が異なるのも特徴です。
 

背中でも派手な尾翼は主張してくれます。

背面でのローパス。 
 
晴れていても湿度の高い南台湾。ベイパーがもりもり出てくれました。

最後は頭上をフライパス。これは逆に近すぎていい写真が撮れず…。
 
米軍では見かけないシュートを引いてのランディングでした。

順光でタキシング。


 台湾らしい赤と青を基調とした格好いいデザインの尾翼。
今年登場したスペマ群やIDFのハイビジと比べてもピカイチの格好よさです。
 
基地をあとにする前に。
入り口近くに展示されているS-2E。今年追いかけたS-2Tの原型となる機体で、エンジンが星形のものを搭載しています。
S-2Tに描かれていたシャークティースが描かれておらず、シリアルナンバーも大きく2120番台なのが特徴です。
 
他の機体は翼の下で涼む人が多すぎたため撮影を断念…。
この後は別の場所へ。。