2017年4月17日月曜日

2017.4/11 RCSQ→RCKH

前日に続き屏東北基地
 前日にはフライトがなかった134sqのP-3C、3311がフライト。
ロービジですが部隊マークが違うのが確認できます。

 同じくロービジですがこちらは133sqのP-3C、3307はこの部隊の最終号機に当たります。

 前日と同じくT/Gを実施。晴れたり曇ったりの天気です…。

 134sqのP-3C、3311もT/Gを実施していきます。
3311は中華民国空軍のP-3Cの11号機で全12機導入されているP-3Cの最後から2番目の機体です・
 3307が降りてトラフィックがなくなったので高雄へ転戦。

 UNI便で混じってフライトするEVAのATR。塗装パターンはUNIと全く同じながら、EVAの新塗装風にアレンジされています。
尾翼のマークの他胴体の緑や尾翼の塗り分けが異なります。

 マンダリンのE190はスペマで飛来していました。

 復興航空のATRは3機が高雄で保管中のようで、ドメエプロンにB-22816,B-22817,B-22818の3機駐機していました。
うち1機、B-22818は機能保全のためのグランドランを実施していました。

 これらの機体はいつでも復活できるようモスボールがされ、機能保全も定期的に行われているようです。

 高雄名物DAILY AIRも着陸してきます。

遠東航空のMD-83も元気にフライトしていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿