2011年7月29日金曜日

2011.7/29 RJNA

久々に青空バックの写真…。

今週からフライトしている石川県防災「はくさん」 。今期ようやく青空を背景に撮影できました。
こいつはテスト中ミラーを付けませんが、付けないで入るのかな…。
このあともう1回フライト。

岡山県防災「ももたろう」も今期初フライト。
相変わらず派手な塗装ですね。。。

他には昨日に続き神奈川県警が2回フライトしていたほか、夕方にはAero AsahiのBell 412が飛来。
三菱関連のフライトは無かったため、自衛隊関連はこれくらいかな。
F-15の墜落以降那覇へ行っていたU-125の#019が本日小牧へ帰還。

2011年7月28日木曜日

2011.7/28 RJNA

 今日から岡山の「ももたろう」が登場。

静岡県警ふじ3号、昨日のリベンジ。
 また陰った~(怒)。はたして何時撮れるのか。。
 神奈川県警察「おおやま」。
神奈川県警察と文字の長さに違和感すら感じます。
 昨日も飛んだはくさん。今日も元気にフライトです。
 3rdはF-15の#885一機のみ。
 とはいえ、自分にとっては久々のイーグル。
ただ空の色が残念なので、次回は青空でMTFを望みたいですね。
 神奈川県警も午前中より良い光線状況で撮影出来ました。
愛称の前に書いてある「POLICE」の文字が格好いいです。
 JDLのJA6915が本日メンテ入り。
小牧の34時のW降りは初めてです。
 この機体。向こうから迫ってくると「新せんだい」(JA119J)に見えたりします。
赤いBell412はやっぱり格好いいです。

静岡県警のJA13PC、3度目のW降り。
さすがに4時過ぎになるともう日暮れですか…って待て待て待て。。
次回は晴れで撮影したいな~。

2011年7月27日水曜日

2011.7/27 RJNA

念願だったJA893Fがフライトしているということで小牧へ。

まずは意外にも撮影していなかった静岡県警「ふじ3号」。
残念ながら白バックで黒くなってしまいましたが、テストなのでこれからも飛ぶでしょう。

陽も差して、本番。
 石川県防災「はくさん」赤と水色の曲線でデザインされている綺麗な防災ヘリです。
兄貴は一番最初に撮った防災ですが、やっと撮影できました。

はくさんが撮れたので用がすみ、さっさと帰宅…というわけにはいかない。

写真の神奈川県警「おおやま」と昨日と同じく千葉県警のAW139「かとり」がローターチェックしていました。
それもいつ飛んでもおかしくない状態で…これは帰れません。

が…。
突然、空港を覆うように雨雲が現れ大雨に…。
一時間足止めの後ようやく帰宅しましたが、そこでさらに大きな雨雲に襲われビショビショに…。

JA3541

ぼく管の仙台空港は難しい…といわれている。
確かに仙台空港はVFR機が多いためILSなどの計器進入で降りる旅客機しか見たことが無い方はトラフィックパターンの降り方は少し戸惑うかもしれない。
最も自分は地元空港がトラフィックパターン、コリドー、そして計器進入と、あらゆる進入方法で一本の滑走路に集まってくる「ジャンブルエアポート」なので仙台程度の複雑さなら何の抵抗も無くのめりこめた。
むしろ羽田のような計器進入で同じ航空会社の機体が複数の滑走路に降りる空港が少し物足りなく感じるくらいである。
そういう意味で仙台が今でも難しいと思う方が仙台空港の管制に慣れるには、ジェネアビ飛行場へ出向いてトラフィックパターンとジェネアビの独特の飛行形式や形態を見て、感じる必要があるのかもしれない。

さて、前置きが長くなってしまったが「仙台エアマンシップ」でこんなセスナ172が登場していたのはご存じだろうか。
「単なる邪魔なセスナ機」と思った方もいるのではないだろうか。
この機体は正確にはセスナ172Nラムという機体で北日本航空が所有している機体。
しかしこの機体、先月にあっさりと登録抹消されてしまった。

本当は実機の写真が撮りたかったが、何せ一度も仙台空港に出向いたことが無いので見たことすらない。
ただ、飛行機と呼べる状況ではないほど変形したこの機体の写真は言葉が出ないほど悲惨な写真であった。

今現在ぼく管のデフォルトで登場しているセスナ172はこのほか、仙台空港に留め置かれている謎の色のセスナとテクノエア、ホノルルの架空のセスナだけなので、これで実質現在も登録されて実際飛べるセスナはいなくなったということになる。

次回は真面目に写真貼ります。。

2011年7月26日火曜日

2011.7/26 RJNA

昨日の雨のせいか今日はエプロンがにぎやか。

石川県警「いぬわし」と同じく石川県「はくさん」がエンジンテスト。
千葉県警AW139とBell206L。このほかCHSからは神奈川県警のBK-117もエンジンテスト。

 なまはげの姿は消えたものの新しく顔を見せた機体や久々に見た機体、さらに三菱のテストも始ったりと今後が楽しみな小牧です。

さて、今日のフライト。

F-2はハズレ#561と#562。F-2の新造機が1stと2ndでフライト。

八尾でよく飛ぶ大阪府警のBell206L。ディグローもしっかり塗りなおされています。
CHSと中日本の「フライト」はこの2機と上の府警だけ。結局成果は何も無し。。。

2011年7月25日月曜日

2011.7/25 RJNA

 今日は雨~な一日でした。
先日から飛んでいるメイプル。中日本のテストフライトはこれだけ。CHSでメンテをしていたはずの「なまはげ」は空港から姿が消えてしまっていました。帰ってしまったか…。
 
なまはげの代わり出てきたのはツポトフを防災ヘリの世界に引きずり込ませた石川県の「はくさん」
明日には完全に組みあがるでしょうか。

そして、もう1機の412。
どこからともなく飛んできた宮城県警の「まつしま」。
メンテのINかテストか外来か…よくわかりませんがカンパニーで呼んでたことは確か。。

今日はほとんど雨宿りしていたような気が…。

2011年7月24日日曜日

2011.7/22 RJNA

今更ながら金曜の小牧。
唯一の成果、 個人所有のR44。定置場は滋賀県です。

 川崎消防のJA6730はこの日もテストフライト。

アルペンのA109が飛来しました。

2011年7月22日金曜日

2011.7/21 RJNA

何故かこいつが…。

なまはげがいました。耐空検査の時期でもないのにいきなりどうしたのでしょう。
ともかく、ここに居ることは事実。明日飛ぶことに期待しましょう。

後継機も決まり、引退間近の広島県防災「メイプル」。
本日は午後から2回テストフライトを実施しました。

 総隊のT-4。

 Bell429も出ていましたが…本日もまたまたエンジンランのみ。今後いつまでこの写真なのでしょう。

そして本日の最大の成果がこれ。
西空が所有するTNC西日本のBK117C-2、JA08CHが本日飛来し、1時間後には離陸しました。
青に黒い丸、その中に白い⑧のみといたってシンプルなデザインですが、結構いけてます。

2011年7月21日木曜日

2011.7/18 VHHH

一昨日昨日に続き香港3日目。

3日の中で一番天気が悪い。
離着陸を撮影するにはあまりにも「・・・」な天気だったので、帰国日にしかできない中撮りをすることに。

 幸い、30分程度で雨は止んでくれました。

キャセイのワンワールド。

到着日よりここに駐機していたLas Vegas Sandsの747SP。出発日までここにステイしていました。
カラーと言い機種と言い、ステイでも文句なしの成果です。

本日のアトラスはBCF。

ガルーダのB3。結局1度もレトロカラーは来ませんでした。

今までノーマル続きだったカンタスはこの日ようやくスペマで飛来。
ワンワールドでした。前回も当たっているだけに次回は何を持ってきてくれるのか楽しみですね。

ターキッシュカーゴのA330-200F。勿論新塗装ですね。
トルコの新塗装のA330をまだ見ていないだけにとても新鮮に感じました。

 
ドラゴンとキャセイのA330-300のスペマが連続で離陸して行きました。

エアブリッジカーゴの747-400F。香港にも就航しています。

エミレーツ・スカイカーゴの747-400F。Operated by TNTの機体です。
今回はTNT便ではなくエミレーツ便なので仕方ないでしょう。

綺麗な緑色のG450が飛来しました。ビズとしてはなかなか少数の色ですね。
中国籍のガルフという点も個人的には新鮮に感じました。

こちらは同じく中国籍のホーカー4000。漢字も書いてあっていかにも中国という感じです。
なかなか見慣れないフォルムですね。

日本でお馴染みコンチネンタルの737-700のスタアラ、N13720。
ロゴがUNITEDに変更された状態でHAECOのテストフライトを行っていました。

エアーモーリシャスのA330-200が来ていました。新塗装の撮影は今回が初めて。
ラインこそなくなったものの、なかなかアツい塗装です。

CIのスイーツ。まだいました。
前回は同じ角度で胡蝶蘭を撮影した記憶が…。

 ブルネイは昨日と同じく777-200で飛来。B6をすっかり見なくなりましたね。

香港ではお馴染みのマレーシアの737-400。
まだ-400には新塗装が出てきていませんが、いずれは新塗装になるのでしょうね。

搭乗予定のCX532便、50分ディレイ。

待ち時間、せっかく25Lで降りて来てくれたCXの747-400BCFが今回の撮影の最後の機体となりました。

このあときっちり50分遅れてCX532便は離陸、台風を避けるルートで帰国しました。