2011年12月31日土曜日

2011 大晦日

いよいよ、2011年が終わろうとしています。

最大の出来事は3月11日の東日本大震災と津波。その影響による原発事故。
これによって多くの方が命を落とされ、多くの方々が現在も苦しみを背負って生活しているのが現状です。

「空」も大きな影響を受け、沢山の機体がセントレアへダイバートしました。
また、陸海空自衛隊をはじめ海上保安庁、各警察、消防防災ヘリコプターと米陸海空軍、海兵隊のヘリコプターが被災地で大活躍をしました。

しかし、これらのヘリコプターが活躍するという出来事は決して良いことではありません。

またその前後には名鉄6750系の引退もあり、名鉄にとっても私の鉄道撮影にとっても一つの節目となりました。

5~6月は雨続きで思うように出撃ができず、代わりにリペイントをするという日が毎週のように続きました。
その影響で今年のリペイント総数は216機という結果に。これは来年以降も超えることはないでしょう。

また、雨が続いた影響で各地で水害が発生。9月には台風で地元の庄内川が暴れ出してしまいました。

夏休み以降は調布、横田、厚木、そして新田原と積極的に新しい遠征先にも挑戦しました。
結果はどうであれ、今後もお世話になることは間違いないでしょう。

また今年も香港遠征へ。今年は初めて台北経由で乗り込み、新たな体験もしました。

また、787やBell429のドクヘリ、C-2といった、新しい機体との出会いもありました。

嬉しい出来事も、悲しい出来事も沢山あり、また1つ1つの出来事がが大きな影響を与えた2011年。
今年の出来事は永遠に私の記憶に残ることでしょう。

成田関連リペ②

成田関連リペ①の続きから。
まずは前回に引き続き340。

 LUFTWAFFEのA340-300。今年には中部にも飛来しました。
ドイツ国旗のストライプが細く、とてもシンプルですかなかなかVIPらしく良い感じ。
 続いてエアカナダ。やっぱりこのくらいの色じゃないとね~ってことでデフォルトより色が濃い目。
以前は成田に就航していましたが777にとって代わって引退してしまいました。

ここからはエアカナダ。
 中部や関空にも飛来していたエアカナダの767。今は成田にも来ています。
個人的にエアカナダと言えばこの機種です。

 こちらは旧塗装。小牧に来ていた頃が懐かしいです。
今考えると尾翼格好良いですね~る
この2機ができると考えることは一つ。
 ハイブリッド。
簡単にできますね~。この塗装は関空で撮影しました。

 続いてこちらも成田初登場のアエロメヒコ。
767-300で登場したので777も作ります。一応新塗装と旧塗装。
767の旧塗装も機が向いたら作ります。

一方、フィリピンも初登場ですが、こちらはリペ済み~ってことで。
773ERはボツ、A330とA320は色直しをしました。

色を直したついでに少し手抜きリペ。
PRのA340-300。前は良く見ましたが最近はめっきり見なくなってしまいました。
窓の埋めとかもなく、本当にA330の4発版だったのでリペとは呼べませんが、まあA330自体がリペだしね。

 続いて747-400。こちらは完全なリペイント。こちらも成田や香港が773になって以降見なくなってしまいました。
成田に747が来ていたころ、、、懐かしいですね~。

エアチャイナカーゴのBCF。正直苦労していません。
BCFの方はあるてーぬ様が制作されました。有難うございます。

前回塗ったMIATの737-800も改めて塗りました。
言うまでもなく今回塗った新塗装は下。かなりのイメージチェンジですが、こうしてみると以外と似てません?

初登場の機種A380もようやくリペイント。1機目は380の中でも群を抜いてダサいCZ。
コックピット窓が想像以上にオーバースケールでストライプは少し苦戦。

ツポトフリペといえば767。

ウズベキスタンも今回リペイント。

結構難しい塗装かと思いきや、意外に簡単にできました。

 エアマダガスカルの767。
後ろのラインには苦労しましたが。。これ、成田関係ない…と思った方。いいえ関係あります。

ビジネスエアーのHS-BIE。エアマダガスカルの塗装のまま運航されています。
是非とも撮りたい一機ですね~。

最後は結局成田とは関係なくなるんだけどね。

コンドルの767-300。今はトーマスクックですが昔はルフトハンザ系列のカラーリングでした。
トーマスクックはすでにあるので、近いうちにトーマスクックカラーも塗りたいです。

BAの747と777を作ったついでにこちらも。
747や777に比べ尾翼にグラデーションが無いので簡単にできました。

今年のリペイントは以上。年始から数えて216機になりました。
ちりも積もれば山となるのですね…。

2011年12月30日金曜日

航空祭関連リペイント①

今年の航空祭シーズンに塗り貯めてきたミリタリーリペイントを紹介します。

まずは10/23に行われた浜松基地航空祭のネタ。
 今年、うまく青側を残せなかった浜松救難隊のスペマ
UH-60のテクスチャは極端に伸ばして使っているのでリペイントが大変でした。特にタンクとか。。

これは今年のネタでは無いですが…。
 浜松の32sqの20周年記念塗装。翼と胴体の繋がりは大変です。
こちらの塗装は一度も航空祭で飛んでないため、あまり写真も出てない気がします。
そういう意味であの日小牧で撮影できたのは非常に幸運だったと…。

さらに遡り…。
続いて31sqの20周年スペマ。ディティールも良い感じに仕上がった…と個人的に思っています。
 撮影したのはサンダーバーズが飛来し、大雨が降ったあの2009年の航空祭でした。

続いて今年11/27の岐阜基地ネタ。

 まずはお馴染みC-1のFTB。前のピトー管はいろいろ工夫しましたが…。
来年は青空の中でのフライトを望みたいところです。

岐阜の地上展示として飛来したRF-4Eの#905 50周年記念塗装機。
低い上がりだったためこちらでは何ともならず散々でした。まだ残っているなら百里でリベンジしたいです。

最後は12/4に行われた新田原基地航空祭

今年の新田原での目玉はやはり#091。まずはこちらが従来までの塗装。
明るい緑と黒のコントラストが素敵な塗装です。

この機体が…



こうなった。
 #091くろみどり2011年バージョン。黒と緑の面積が格段と広くなっています。
色はこのくらい違うのでしょうかね。。とにかく自分の写真を駆使しても資料が足りず今までのAGR以上に苦労しました。正直塗ることよりも資料集めに苦労した感が…。スターサイドの塗装が少し間違ってるかも!?詳細が出次第修正しようと思っています。

こちらは現在は306sqで活躍中の#092。アグレッサー時代は青の単色でフライトしていました。
青系の塗装…結構好きです。

この青の単色は去年この塗装でフライトしています。
23sqの創立10周年記念塗装。胴体半分が黒でただでさえディティールがつぶれる機体ですが、機体のマスキングされているディティールも少なく物足りなかったので、薄くパネルラインを追加しました。自衛隊機はディティール命ですから。

今年のミリタリーリペの「プログラム」はすべて終了です。
来年の航空祭も天候に恵まれることを期待します。

2011年12月28日水曜日

12/3~4 宮崎の車両たち

新田原へ遠征した際撮影した特徴的な宮崎の列車たち。
今回は2010年の宮崎分も合わせて掲載します。

まずはこちら。
(2010.8.1撮影)
SUNSHINE MIYAZAKI と名付けられた713系。赤が眩しいです。
富山の記事でも紹介済みですが、数少ない「純正」の電車で、試作車4編成のみの貴重な存在です。

国鉄の当時の状況で上の車両の代わりに出てきたのがこちら。
717系。こちらは通常のカラーリングを纏っています。
車体はほぼ上の713系と同じ。しかし機器が474系から流用されています。

この形式、結構奥が深くこの写真のタイプも4編成のみで貴重です。
205からは扉袋の窓がなくなり、さらに900番台の1編成は種車を車体ごと改造し違和感ありまくりの3ドアタイプになっています。

おまけですが、こちらは富山で元気に活躍していた車両。

(2010.8/22 撮影)
413系、717系と同じコンセプトで作られた交直流車両です。
行き先表示幕が埋められているのは寒冷地における結露対策で埋められているようです。
よくみると室外機も流用されています。

そんな、713系・717系も段々と置き換わろうとしています。

まるで、海外のようなデザインの車両、817系と言います。
丸目玉がなんとも愛らしいですが、ブラックフェイス嫌いな私にとってはイマイチなデザインです。

続いてはイベント用車両。
(2010.8.1 撮影)
海幸山幸とよばれる宮崎方面の観光用車両。
高千穂鉄道から購入した車両に改造を施し、観光特急として運用されています。

車内もかなり凝っていて、これは一回のってみたいです。

(2010.8.1 撮影)

以前は特急はほぼれでした。赤い485系。愛称はRED EXPRESSです。
一見何でもない普通の国鉄型の特急車ですが…。

(2010.8.1 撮影)

短編成化の際運転台を後付けしたようで、ドアから乗務員ドアまでがかなり長く、違和感を覚えます。

現在この列車は引退済みで、代わりに入ってきたのがこの列車。
九州新幹線の開業になって転属してきた787系。最新鋭機ではありません(笑)
この顔を見ると「つばめ」と思ってしまいますが、今はもう違うようです。

時代も変わりました…。

従来から活躍を続けている783系。デザインは787系には少し劣ってますが、やはり特急車、車内は快適でした。
現在は787系とともに空港線と日豊本線の特急に使用されているようです。
夕方、787系がひっそりとした日向新富駅を駆け抜けていきました。

2011年12月27日火曜日

2011.12/27 RJNA

午前中、早速JA680Cが離陸します。
離陸するJA680Cってなんか新鮮です。 

一方、回る方の朝日。
JA6916はホバリングを実施していましたが、上がる気配はなく…。
左右にふらついて…調子悪いです?

あ~あ、エンジンカバー開けちゃったし。。。

「やはり調子悪いです?」
「はい~。エンジンの調子が…」
(想像)

午後からはF-15が1機。

#952が那覇へ。
年末に戦闘機が見られるって最高です。
 JA9660も本日フライト。
青空のW降りは久しぶりです。
JA6412も本日フライトしていました。
防災ヘリでもないのに鼻が長いBell412は格好いい。

島根県防災「はくちょう」 JA6723は午後からテストフライトを実施。
来年は…どうなるか。。。

JA6916もフライトしてくれました。
朝日フルカラーのBKはとても貴重です。

ドクターヘリも良いですが、一機くらいはこの格好良いBKを残してほしいです。

リペイントの無断二次配布について(Part II)

起きてはならないことが、また起きてしまいました。
今回は前回より悪質です。

私の公開したリペイントに少しの手を加えて「自分のリペイント」と偽って公開していたのです。

これは、私にとって一番起きてほしくないトラブルでした。
以前のトラブルの時、記したようにリペイントの二次配布にしたのは今回のようなことが起こらないためでありました。
(詳しい内容は本人を含め、もう一度以前の記事を読んでいただければと思います)

私のリペイントを改造することは悪いとは思っていません。
なぜなら、私も最初のころは他のリペイントの流用でリペイントを作ったりしていました。
それを経て今の私があるわけで、必ず必要というわけではありませんがリペイントの上達には「パクる」「改造する」「まねる」から始まると思っています。

さらに、全てのリペイントを一人で作ることはできません。
私も747-400BCFやMD-11Fのエンジン等はあるてーぬ様の許可を頂いて使用しています。



しかし、それを自分のものと偽って公開するとなると話は別です。
その塗った方がどれだけ苦労して塗ったか、ご存知ですか?
テクスチャのつながり、パネルライン、窓の配置、ロゴライト等、1つ1つ難関を突破してリペイントは出来ているのです。(流石に大げさすぎますが)
盗用した方はそれを本当にわかっているのでしょうか。

きっとわかっていたら、申し訳なくて盗用なんてできないでしょう。

私はシナリオを公開していないのであえて詳しくは言いませんが、それはシナリオデータや機体データも同じです。

さらに今回の事件は悪に拍車をかけるようなことが2つ。

1つ目は、警告して「発覚」するまで自作を主張していたこと。
これは、冒頭でも記したように一番あってはならないことです。
完成したリペイントを少し手を加えて100%自作として公開するのは悪質のほか何物でもありません。
苦労もせず自作を主張するのは一番良くないことです。

2つ目は、その「申し訳ないことをした方々」を下に見ていること。
「いいリペイントを作っているのに頭が幼稚」などと言っています。
どちらが幼稚な行いだったか、もう一度考えた方が良いと思います。
少なくとも私は他のデータを許可してもらった上で公開しています。盗作公開は一度もしたことはありません。
それとも、「このリペイントを作った奴は幼稚だから盗んでも良い」ということでしょうか。
それは間違っています。

さらにグルになってと主張していますが、私の周りの皆様は気持ちよくゲームを楽しむために努力をされています。
1つの事件を慎重に受け止め、同じことを繰り返さないよう再発防止に努めるのは当たり前だと思います。
悪いことをした人に全員で注意するのは理想的だと思います。

最後に、私は決して著作権を主張しているわけではありません。
ゲーム自体はテクノブレイン様の著作物ですし、ロゴマーク等は各企業団体様の商標です。

しかし、だから何でもOKではありません。
それを作った方の努力や苦労を判らず盗むのは良くないと思います。

ちょっと待った! それ、本当に自分で作りましたか?
そのリペイント、苦労して塗った方がいます。
その機体データ、苦労して改造した方がいます。
そのシナリオ、苦労して打ち込んだ方がいます。
その努力も、奪わないでください。
私たちは、データの無断盗用を絶対に許しません!

2011.12/26 RJNA

雪なのに小牧へ!? いいえ、雪だからこそ小牧へ。

エアフロントで待っているとF-4の音と共に黒い機影。。
一瞬「岐阜?」と思いましたが…。

#433本日雪の中IRANIN。

この後T-4が来ない=持ち帰り確定!!

午後の"主役"を楽しみに待ちつつ雪景色の撮影に。

雪化粧した小牧のエプロン。

アサイチから朝日のBK117がハンガーから出てきました。

エプロンにも雪が残り…。

FDAは雪の中でも元気に飛びます。
下が白い機体は雪レフの効果が大きいです。
雪化粧したC-130を背景に。

銀世界には、カラフルな機体がより一層際立ちます。

ヘリでも雪レフ。
下が白いの、わかりづらいですが…。
周囲が白い影響で期待ががいつもよりきれいに見えます。

午後になると、午前中あれだけ積もっていた雪があっという間に消え、いつもの小牧の景色に。

そして、主役の登場…。

…という大切なところで陰るのは小牧ではもはや常識ですが(涙)
折角のRF-4EのOUT、真っ黒で台無しです。。。

滑走路上は比較的陽が当ってくれました。
RFの色って何とも言えない素敵な色です。

しかし、離陸は。。。

RFって、確かに他のF-4と比べれば暗いですが。。。
流石に、こんなに黒くはないですよぉ…。

本来の色を一度も見せず、百里へお帰りになりました。
次のRFこそは…。

また晴れる。
群馬県警「あかぎ」がフライト。
順光ショットはまだ撮影出来ていませんでした。

こちらも順光ショットがない福島県警「ばんだい」
なぜかディグローが塗り直されていませんが…何か理由でもあるのでしょうか。

この後また陰ったので帰宅。